昭和52年卒(74回生)の情報を 表示します。        最終更新日 : 2021/07/28 by AM   

 C組は、純粋理系志望者と医歯薬生物志望者からなる混成理系男女クラスでした。
 担任は霜田先生で、両高祭では単独で青組を編成したので、結東力は抜群でした。
 私は生物選択者でしたので、先生の授業はなかったのですが、東大に行った中島一平君の話によると、 霜田先生は女性に優しかったとのことです。
 物理の問題で、女性を指名してできなかったら、丁寧に説明してくれたとのことです。逆に、男性は できなかったらそれで終わりです。
どこかの国のオリンピック委員と違って、当時の両国にはLady firstの精神が息づいていました。
 在学中に、女性陣は先生の自宅にお邪魔して、料理をごちそうになったとのことです。
 それと先生は、お酒が好きで、卒後のクラス会で、先生をお呼びすると必ず来てくれました。
このおかげて、C組は、クラス会をずっと続けられ、全員の消息が判ります。
 7年前に先生の自宅を訪問する機会がありました。奥様から、生前の話を聞くことが出来、 家にしょっちゅう教え子が遊びに来て、よく酒を飲んだとのことでした。
また、自分たち生徒には判らなかった先生の別側面を聞くことが出来ました。
まだ学生運動の火が残っていた時代です。
 校長先生からの絶大な信頼が先生にはあり、他の先生達との調整役として手腕を発揮していたとのことです。
それゆえに、担任を持った機会は非常に少なかったらしく、その少ない機会のひとつが、3年C組です。  ここで卒業アルバムの寄せ書きの先生の言葉から、達筆で、「熱と力」。さすが、物理の先生ですね。
☆ ☆ 霜田先生の快気祝い (30年前、銀座お多幸にて) ☆ ☆

≪ ☆ 霜田先生の快気祝い ☆ ≫
 (30年前、銀座お多幸にて) 

 前述したように、C組には、東大を頂点とする純粋理系グループと医業志望グループがありました。
 私は前者に属し、2年続けて東大を落ちました。後者の筆頭が矢野聡君で、脳神経外科医になると言っていました。
(♂♀∞)と黒板に書くオープニングで始まる若き脳外科医が主役の「ベンケーシー」という米国のテレビドラマがありました。
矢野君はこれを見ていたのかもしれません。
 脳外科が何だかわからなかった葛飾出身の田舎者の私にとって、矢野聡君は都会派のカッコイイ存在でした。
私はその後、よりRareな神経放射線医として、約30年脳外科医と苦楽を共にする運命にあるとは、この時、 夢にも思いませんでした。
 矢野君は、慶応ボーイになり、リクルートに就職しましたが、飽き足らず、ソフトウエアの会社を起業し 社長になりました。
クラス会には毎回出席し、「ガッハッハ!」と大きな声で笑い、常にみんなの輪の中心でした。
そして、その元気な声を聴くことができなくなるとは、不幸なことに、2年前に癌を患い、今年(令和3年)1月28日に 短い生涯を終えました。
この書面を借りて、ご冥福を心からお祈り申し上げます。   合掌

浦上 信也 74回   
(淡交会報86号より転載)

 同期の小口裕二君が、令和2年5月26日に61歳の若さで亡くなった。
一昨年に開催された「還暦を祝う同期会」では、 準備段階から当日の運営まで、中心になって活躍してくれたことは、記憶に新しい。
これからも長い付き合いになると当然のように思っていたので、その時に話をしたのが最期になってしまったことが、 とても悔やまれる。
 私にとって小口君は、特別な存在だった。
演劇部で一緒に活動していた私たちが、卒業後に「風紋(ふうもん)」という劇団を立ち上げたのは、23歳の時だった。
3年間ほど活動した後は、それぞれの道を歩んだのだが、その後も、個人的な親交は途切れることなく続いた。
思えば、小口夫妻の結婚披露宴の司会を務めたのも、貴重な思い出のひとつだ。
奥様も同じ両高生だったことで、私に白羽の矢が立ったのだが、人生で初めての経験に、柄にもなく、 すこぶる緊張していたことを今でも覚えている。
 結婚後は、一男三女の子宝に恵まれて、円満な家族生活を送る中で、お子様も一人ひとり大人としての人生を歩みだし、 これから、夫婦二人の時間をのんびり楽しんで行こうという矢先のご逝去だった。
しかも、奥様の淑美さんが、4月から母校に教員として勤務し始めた矢先のご不幸は、痛恨の極みである。
 小口君は、短い生涯を終えた。そして、二度と還ってくることはない。しかし、彼の面影は、私たちの心の中に、 永久に生き続けるに違いない。
 改めて、小口裕二君のご冥福を こころからお祈り申し上げます。

合掌

74回 大平 洋一 記    
(淡交会会報第85号より 転載) 



【 皆様方のWEB上の情報等と接続します ! 】
    

  ☆ 同期の会のお知らせ (6)

  ☆ 皆様方のWEBLOG(0)

  ☆ 皆様の写真ページ (0)

  ☆ 友人の情報(0)

  ☆ 旅行・紀行文 (0)

  ☆ 個展、催し、宣伝PR、等(0)

  ☆ 62回生のページ(会社・事務所など)(0)




  
 
☆ 同期会のお知らせ ( 同期会、クラス会、グループ会合 等を紹介 )

  ・令和03年05月20日 霜田先生と3年C組(淡交会報86号より転載)
  ・令和02年12月20日 盟友小口裕二君の死を悼む(淡交会報85号より転載)
  ・平成30年10月27日 還暦同期会 盛大に開催
  ・平成30年10月27日 還暦アンケート報告
  ・平成29年07月08日 卒業40周年記念 拡大3-Cクラス会開催報告
  ・平成29年05月20日 還暦同期会に向けて(淡交会報78号より転載)
  ・
  ・
  ・

 
☆ 皆様方のWEBLOG ( 近況などが早わかり )

  ・
  ・

 
☆ 皆様方の写真ページ紹介

  ・
  ・
  ・
  ・

 
☆ 友人の最新情報
  ・
  ・

☆ 旅行・紀行文
  ・
  ・

☆ 個展、催し、宣伝PR、等

  ・
  ・
  ・
  ・


☆ 74回生のページ(会社・事務所など)
◎ 昭和52年卒 (74回) 【 個人のページ 】  ( 0 件)
  ・
  ・